ヒーロー・ワールドチャレンジ 2日目

ラームが首位タイに浮上「攻めやすいホールでスコアを出せた」

2018.12.1 11:00
ジョン・ラームが9アンダー63(パー72)でプレーし、通算10アンダー首位タイに浮上した Photo by David Cannon/Getty Images

ヒーロー・ワールドチャレンジ/バハマ アルバニー

今大会初出場の24歳が9アンダー63をマーク

 ヒーロー・ワールドチャレンジ初出場のジョン・ラーム。どうすればスコアを出せるか理解するのに、それほど時間はかからなかった。

MORE:ヒーロー・ワールドチャレンジの最新スコアはここをクリック!

 出だしはアグレッシブに、なおかつフェアウェイキープを続ける。アルバニーGCにはパー5が5ホール、攻めやすいパー4も2ホールある。バーディを奪うのは、そう難しくはないはずだ。

 金曜日のラームは、まさにそんなラウンドだった。ちょうど半数のホールでバーディを奪い、9アンダー63(パー72)をマーク。6アンダー66のヘンリック・ステンソンと並んで、通算10アンダー首位タイとなった。

「ティーショットが安定していたから、フェアウェイでは短いクラブで打つことができたよ」とラーム。

「パー5が5ホール、比較的短いパー4が2ホール。その7ホールで6バーディを取ることができたというのが、今日についての一番分かりやすい説明だね。攻めやすいホールでスコアを出せたし、うまく行かないという感じはほとんどなかった」

 ラームはこのコースでスコアを出すための秘訣をガッチリつかんだようだ。ティーショットで非常な冴えを見せ、ただひたすら攻めのゴルフでピンを狙うのみ。今年最後となる今大会、ラームはここで立ち止まるつもりはない。

 ラームは次のように話した。

「今日みたいな日は、自分のスイングのことはほとんど考えない。油がしっかり差してある機械みたいに、うまく動いているという感じだったよ」

記事検索