ヒーロー・ワールドチャレンジ 最終日

ラームが勝利「タイガー主催のイベントで優勝できたのはスペシャルなことだ」

2018.12.3 9:30
ジョン・ラームが通算20アンダーまでスコアを伸ばし、勝利を手にした Photo by David Cannon/Getty Images

ヒーロー・ワールドチャレンジ/バハマ アルバニー

ラームが憧れの選手の前で完勝

 ヒーロー・ワールドチャレンジ最終日の日曜、7アンダー65をマークしたジョン・ラームがシュートアウトの可能性をバハマの風と変え、いとも簡単に4打差の優勝を決めた。

MORE:ヒーロー・ワールドチャレンジの最新スコアはここをクリック!

 トニー・フィナウ、ヘンリック・ステンソンとともに首位タイで最終ラウンドを迎えたラーム。

 この日はフィナウが2番パー3で6メートルのバーディパットを決めた際、一瞬だけ首位の座から転落したが、フィナウが4番パー4で1.2メートルのパーパットを外すと、再び首位タイとなった。

 フィナウが8番パー3でボギーを出し、トップの座から脱落した段階で単独首位に立った。ラームは9番パー5で2オンに成功し、2パットのバーディを決めて後続に2打差で折り返すと、そのまま単独トップを保持した。

 それでもフィナウは、追撃を続けた最後の1人だった。だが、14番パー4で砂地からバンカーへ打ち込み、続くバンカーショットでグリーンをオーバーさせてダブルボギーとなった時点で終了。

 一方、ラームはここをバーディとし、2打差が一気に5打差に広がった。その後は追従を許さず、そのまま通算20アンダーで勝利を手にした。

記事検索