【今週はこの組に注目!】WGC−ブリヂストン招待

松山はジョンソン&ケプカと、全英覇者のスピースはマキロイ&デイと同組。谷原&小平もプレー

2017.8.3 9:20
調子を上げてきた松山英樹は、2月以来となる今季3勝目を目指す Photo by Christian Petersen/Getty Images

PGAツアー第41戦 WGC−ブリヂストン招待/オハイオ州 ファイアーストーンCC

 今週の舞台は、オハイオ州ファイアーストーン・カントリークラブだ。バート・ウェイが設計した1929年開場の歴史あるサウスコースは、1959年にロバート・トレント・ジョーンズによって改修が加えられた。PGAツアーでも最も高い難易度を誇る、667ヤードの16番パー5は、長く狭いフェアウェイと、グリーンの手前と左右に配置されたハザードが特徴である。ファイアーストーンは、簡単に攻略できるコースではないのだ。昨年はリオデジャネイロ五輪の影響で開催時期が前倒しされたが、今年は通常通り8月に開幕する。

 世界ゴルフ選手権(WGC)−ブリヂストン招待の歴代優勝者には、豪華な顔ぶれが揃っている。ディフェンディング・チャンピオンのダスティン・ジョンソンや、2014年大会を制したローリー・マキロイ、そして、8度も優勝に輝いたタイガー・ウッズだ。フェデックスカップ・プレーオフの開幕まで、3試合しか残っていない。ランキングの大躍進を狙う選手には、現在53位のマキロイや58位のジェイソン・デイ、70位のアダム・スコットがいる。