【今週はこの組に注目!】ヒーロー・ワールド・チャレンジ(前編)

9カ月ぶりに復帰を果たすウッズは、フェデックスカップ王者のトーマスと同組

2017.11.30 13:20
腰の故障で長期離脱していたタイガー・ウッズが、ヒーロー・ワールド・チャレンジで復帰する Photo by Chris Condon/PGA TOUR

PGAツアー ヒーロー・ワールド・チャレンジ/バハマ アルバニー・ゴルフクラブ

 バルハラ・ゴルフクラブで開催された2000年の全米プロゴルフ選手権で、タイガー・ウッズが劇的な勝利を収めた時、ジャスティン・トーマスは7歳だった。その試合を目撃したことで、トーマスはプロゴルファーになることを決心したのだ。

 何年も経ち、憧れの存在だったウッズは、友人であり良き指導者となった。トーマスが全米プロゴルフ選手権を制した後は一緒に夕食を取り、ウッズの裏庭でショートゲームコンテストも楽しんだ。

「ここ数年で、彼から多くのことを学んだ」と、全米プロゴルフ選手権の後、トーマスはツイートしている。

 そしてついに、彼はウッズと初めて同組で回る。現フェデックスカップ王者が、過去にフェデックスカップ王者に2度輝いた唯一の選手と、ヒーロー・ワールド・チャレンジの初日をラウンドするのだ。初日のスタート時間は12時05分(日本時間 金曜午前2時05分)。ウッズが試合に出場するのは、今年2月以来となる。

 ウッズは、PGAツアーをここ最近支配している若いスターたちに影響を与えてきたと、トーマスは信じている。昨シーズンは、25歳以下の選手が18勝を記録した。そのうち5勝をマークしたトーマスは、史上2番目の若さでフェデックスカップ王者に輝いたのだ。

「私たちは、歴史を通じて最高の選手の1人であるタイガー・ウッズを見て育った。彼が誰に対しても容赦なく、試合やコースをかき乱す姿を見てきた」(ジャスティン・トーマス)

 現在24歳のトーマス自身も、優勝を重ねている。過去13カ月で6勝を飾っているのだ。昨シーズンのフェデックスカップを制した彼は、今シーズンは2試合目のCJカップ・アット・ナインブリッジズで勝利を収めた。現在、フェデックスカップ・ランキングで7位につけており、史上初となるフェデックスカップ連覇を狙う。