QBEシュートアウト 2日目

【速報】マクドウェル/ローリー組とストリッカー/オヘア組が通算18アンダー首位タイ

2017.12.10 7:13
グレーム・マクドウェル/シェーン・ローリー組が8アンダー64でプレーし、通算18アンダー首位タイに浮上した(写真はマクドウェル) Photo by Robert Laberge/Getty Images

PGAツアー QBEシュートアウト/フロリダ州 ティブロンGC

 ネイプルズ(フロリダ州)で開催されているQBEシュートアウト。日本人選手は出場していない。今大会はグレッグ・ノーマンがホストを務めるエキシビジョンマッチで、24選手が2人1組でチームとなり、3日間を異なる競技方式で戦い、順位を競う。

 大会2日目はモディファイド・オルタネートショット方式(ティーショットは2人とも打ち、どちらかのボールを選び、2打目は選ばれなかったほうが打ち、以降は1つのボールを交互にプレーする)で行われた。グレーム・マクドウェル(北アイルランド)/シェーン・ローリー(アイルランド)組とスティーブ・ストリッカー(米国)/ショーン・オヘア(米国)組が通算18アンダーで首位に並んだ。

MORE:QBEシュートアウトの最新スコアはここをクリック!

 マクドウェル/ローリー組は10アンダー7位タイで2日目を迎え、この日は1番ホールからスタート。1番パー5でイーグルを先行させると、2番パー4でもバーディを加えた。7番パー4と8番パー3でも連続バーディを奪い、前半を5アンダーで折り返した。

 後半に入ると、10番パー4、13番パー4、15番パー4でバーディを加えた。結局、この日のスコアは1イーグル、6バーディ、ノーボギーの8アンダー64。通算18アンダー首位タイに浮上した。

 ストリッカー/オヘア組は15アンダー単独首位で2日目を迎え、同じく1番ホールからスタート。1番パー5と2番パー4で連続バーディを奪ったが、5番パー3をボギーとした。その後、6番パー5と8番パー3でバーディを取り返し、前半を3アンダーで折り返した。

 後半に入ると、10番パー4と11番パー4で連続ボギーを叩いたが、13番パー4、14番パー5、15番パー4で3連続バーディを奪った。しかし、17番パー5をボギーとした。結局、この日のスコアは7バーディ、4ボギーの3アンダー69だった。