ソニーオープン・イン・ハワイ 初日

【速報】片岡が首位と2打差の5アンダー7位タイ発進

2018.1.12 13:34
片岡大育が6バーディ、1ボギーの5アンダー65(パー70)でプレーした Photo by Gregory Shamus/Getty Images

PGAツアー第10戦 ソニーオープン・イン・ハワイ/ハワイ州 ワイアラエCC

 ホノルル(ハワイ州)で開幕したソニーオープン・イン・ハワイ。日本人選手は宮里優作、小平智、今平周吾、片岡大育、小鯛竜也の5人が出場している。

 片岡が5アンダー7位タイで好発進を果たした。次いで今平が3アンダー20位タイ、宮里が2オーバー116位タイ、小平と小鯛は5オーバー142位タイだった。

MORE:ソニーオープン・イン・ハワイの最新スコアはここをクリック!

 日本勢は、まず片岡が現地時間の8時30分に1番ホールからスタート。2番パー4でバーディを先行させたが、4番パー3でボギーを叩いた。しかし、7番パー3でバーディを取り返すと、9番パー5でもバーディを加え、前半を2アンダーで折り返した。

 後半に入ると、12番パー4、16番パー4、18番パー5でバーディを奪ってスコアを伸ばした。この日のスコアは6バーディ、1ボギーの5アンダー65。首位と2打差の7位タイと好発進を果たした。

 小鯛も片岡の同時刻の8時30分に10番ホールからスタート。11番パー3でボギーが先行すると、12番パー4でもボギーが続いた。13番パー4でバーディを取り返したが、16番パー4でもボギーを叩き、前半を2オーバーで折り返した。

 後半に入っても調子を取り戻すことはできず、1番パー4、5番パー4、8番パー4もボギーだった。結局、この日のスコアは1バーディ、6ボギーの5オーバー75。首位と12打差の142位タイと出遅れた。

 次に今平が現地時間の8時50分に10番ホールからスタート。12番パー4でバーディを先行させたが、13番パー4でボギーを叩いた。しかし、15番パー4でバーディを取り返すと、18番パー5でもバーディを加え、前半を2アンダーで折り返した。

 後半に入ると、3番パー4でバーディを加えた後、9番パー5までパーを並べた。結局、この日のスコアは4バーディ、1ボギーの3アンダー67。首位と4打差の20位タイだった。

記事検索