ソニーオープン・イン・ハワイ 最終日

片岡は18位「将来は(PGAツアーで)やりたいと思っている」

2018.1.16 9:30
片岡は6バーディ、3ボギーの3アンダー、通算11アンダー18位タイフィニッシュ ※写真は3日目のもの Photo by Sam Greenwood/Getty Images

PGAツアー第10戦 ソニーオープン・イン・ハワイ/ハワイ州 ワイアラエCC

 ホノルル(ハワイ州)で開催されたソニーオープン・イン・ハワイ。日本人選手は宮里優作、小平智、今平周吾、片岡大育、小鯛竜也の5人が出場したが、宮里、小平、小鯛は予選落ちだった。片岡は通算11アンダー18位タイで今大会を終えた。

――6バーディ、3ボギーと今日はボギーもありましたが、良いゴルフだったと感じていますか。

片岡大育(以下、片岡) そうですね。全体的には良かった。

――ボギーの後に、すぐに取り返せたのはリズムに繋がった?

片岡 悪い流れにズルズルといかなくて済みました。すぐに取り返せて良かった。

――自分の満足度はどれくらいですか。

片岡 いろいろとスイング改造とか、意識をしている中で今年の初戦でした。その中でそこそこ良いプレーができたので、それはすごく嬉しかった。

――悔しい思いもあった4日間だったと思います。

片岡 細かく言うと、昨日のトリプルボギーとか、少しもったいないミスがあった。その反面、自分が取り組んでいることをやりながらいい順位で終われました。半分半分ですけど、全体的には良かった。

――4日間、60台のスコアで終われたことに関して、どう感じていますか。

片岡 やっぱり、昨年より飛距離も出ていたのでその分楽なホールもあったし、その反面、曲がるリスクも高く、結構曲がっていたなという印象もあった。しかし、その中でミスをカバーしながら、(ショットが)曲がっている中でも好プレーに繋げられた。

――PGAツアーでプレーすると充実感がある?

片岡 やっぱり米ツアー、少しでも上位に入れるように……。ここで、将来はやりたいと思っているので、あまり夢心地になってもいけないけど、その中で自分のプレーができて、戦えているというのは自信になります。今回もティーショットが結構曲がって18位で終われたので、これから調整できればもっと上位に行けると思う。

――このあとも試合が続きます。改めて、今年の目標は?

片岡 コースにもよるけど、しっかり良いプレーができれば優勝争いもできると思う。その辺を目指して行きたい。