今週、勝つのはこの選手だ!【前編】

ポイントランク1位のキザーは優勝ランク11位に!

2018.2.21 13:00
現在フェデックスカップ・ランキング1位のパットン・キザーが優勝候補11番手 Photo by Stan Badz/PGA TOUR

PGAツアー第16戦 ホンダ・クラシック/フロリダ州 PGAナショナル

11位:パットン・キザー

 フェデックスカップ・ランキング1位のキザーは、この試合には3度目の出場だ。これまでの2回はともに予選通過を果たしている。2016年の第2ラウンドでは64で回った。パーオン率、ショットの近さ、ボギー回避、パー3およびパー4、パー5の平均スコアはすべてPGAツアーで上位15位以内だった。

12位:グレーム・マクドウェル

 8回出場し、4度のトップ10フィニッシュがある。昨年は14位タイだった。ジェネシス・オープンでは2ラウンド終了時にトップタイにいたが、決勝ではスコアを落として26位タイに終わった。予選落ちしたとしても、前向きなメンタルで立ち向かうキャラクターだとも知られている。

MORE:今なら1カ月間無料視聴可能。プロ野球とMLBを見るなら、DAZN(ダゾーン)に!

13位:アレックス・ノレン

 PGAツアーのメンバーとなったばかりだが、すでにPGAツアーにフィットしている。ファーマーズ・インシュランス・オープンでプレーオフ敗退の2位になって以来、フェニックス・オープンで21位タイ、ジェネシス・オープンで16位タイになった。常にショートゲームが上手であることを証明している。

14位:トミー・フリートウッド

 ジェネシス・オープンではティショットに目を見張らせるものがあった。だが、それを活かせず37位タイに終わった。欧州ツアーではパーオン率が1位。欧州ツアーのアブダビでの勝利からすでに1カ月がたっている。

15位:キラデク・アフィバーンラト

 先週1週間のオフをとったが、その前週は欧州ツアーのISPS HANDAワールド・スーパー6パースで優勝している。世界各国のトーナメントで14戦連続で予選を通過しており、その間2つの勝利を含む、トップ25フィニッシュが11回ある。