アーノルド・パーマー招待 最終日

マキロイが勝利「あのトロフィーにボクの名前が刻まれることになって本当に幸せだ」

2018.3.19 11:56
ロリー・マキロイが8アンダー64(パー72)をマークし、通算18アンダーで勝利を手にした Photo by Marianna Massey/Getty Images

PGAツアー第19戦 アーノルド・パーマー招待/フロリダ州 ベイヒルクラブ&ロッジ

マキロイが鮮やかなバーディラッシュで逆転勝利

 ベイヒルでこの日、ギャラリーから一番大きな歓声を受け続けたのは、タイガー・ウッズだった。だが、最後の大歓声はロリー・マキロイに向けられたものだった。

MORE:アーノルド・パーマー招待の最新スコアはここをクリック!

 マキロイはアーノルド・パーマー招待の最終日、バックナインで猛攻し、長く記憶に残るような数々の場面を残して優勝。北アイルランドに誇りをもたらした。

 18番パー4で見せた最後のバーディパットは、ウッズが長年披露してきたような、見事なフィニッシュにそっくりでもあった。

 バックナインの残りの6ホールで5バーディを奪い、8アンダー64で後続に3打差の優勝だった。

 2016年9月25日、アーノルド・パーマーが亡くなった。まさにその日、ツアー選手権で勝利して以来の栄光だ。

「コースから丘を上がって、パーマーと握手できたらよかったのに、と思うよ」とマキロイ。

「でも、あのトロフィーにボクの名前が刻まれることになって、本当に幸せだ」

記事検索