RBCヘリテージ 初日

サバティーニが首位「今回は今までプレーした中で一番やさしいように感じるね」

2018.4.13 11:27
ローリー・サバティーニが7アンダー64(パー71)でプレーし、後続に2打差をつけた Photo by David Cannon/Getty Images

PGAツアー第24戦 RBCヘリテージ/サウスカロライナ州 ハーバータウンGL

南アフリカ出身の42歳が好発進

 ローリー・サバティーニはこの日、ハーバータウン・ゴルフリンクスにおける自己ベストの7アンダー64(パー71)をマーク。後続に2打差の首位に立った。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは、首位と5打差の2アンダー20位タイだ。

MORE:RBCヘリテージの最新スコアはここをクリック!

 大会に向けて多く語られたのは、ここからおよそ3時間のところで生まれ育った南カリフォルニア州出身のジョンソンがひさしぶりに出場するというニュース。ジョンソンは2009年以来、サウスカロライナ州で唯一行われるPGAツアー大会である今大会に出場していなかった。

 通常はこの時期に風が吹き荒れる同コースだが、この日はまったくと言っていいほどの無風。この完璧なコンディションの中、首位に躍り出たのはジョンソンではなく、サバティーニだった。

 この日10番ホールからスタートしたサバティーニ。フロントナインで4つのバーディを奪取した。

 14番パー3では約16メートルのバーディパットをねじ込み、背後に灯台を控えた18番パー4では第2打をピンそば約2メートルにつけてバーディを奪った。

「このコースの18番ホールでバーディを決めるのは、すごく重要なことだ。とても容赦ないホールだから」とサバティーニは話した。