RBCヘリテージ 2日目

デシャンボーが首位に浮上「いいヒントをたくさん見つけつつあるんだ」

2018.4.14 12:08
ブライソン・デシャンボーが通算10アンダーで後続に1打差の単独首位 Photo by Mike Ehrmann/Getty Images

PGAツアー第24戦 RBCヘリテージ/サウスカロライナ州 ハーバータウンGL

ツアー1勝の24歳が単独首位

 RBCヘリテージ2日目、ブライソン・デシャンボーが自己ベストの7アンダー64(パー71)をマークして、明日からの週末を首位で迎える。

MORE:RBCヘリテージの最新スコアはここをクリック!

 2016年に、ここハーバータウンGLでプロデビューしたデシャンボー。その2年後の今年、自身にとってPGAツアーでのベストスコアをマークし、通算10アンダーに到達。2位のイアン・ポールターとキム・シウに1打差をつけて首位に立った。

 24歳のデシャンボー、この日は出だしから2番パー5でイーグルを奪い、絶好のスタート。バックナインの15番パー5から3連続バーディで単独首位に躍り出た。

 その後、18番パー4では第2打をグリーン手前のバンカーに打ち込んだが、約3.5メートルのパーパットを沈め、ラウンドを締めくくった。ボールがカーブを描いてカップに落ちた瞬間、ガッツポーズを決めた。

「2年だ。そろそろ、という時期だ」とデシャンボーは語る。

 初勝利は昨夏のジョンディア・クラシック。2日目と最終日で6アンダー65をマークしたときのことだ。

 今シーズンは、先月のアーノルドパーマー招待で2位に入るなど、トップ10位フィニッシュは3回。ハーバータウンGLで見せている確固としたプレーは、トップ選手へと前進していく中でのステップに他ならない。

「このコースで役に立つような、いいヒントをたくさん見つけつつあるんだ」とデシャンボーは続けた。

記事検索