プレーヤーズ選手権 最終日

シンプソンが後続と4打差で勝利「思っていたよりも大変だったよ」

2018.5.14 12:36
ウェブ・シンプソンが1オーバー73(パー72)とスコアを落としながらも、通算18アンダーで勝利した Photo by Sam Greenwood/Getty Images

PGAツアー第28戦 プレーヤーズ選手権/フロリダ州 TPCソーグラス

シンプソンが4年6カ月ぶりの勝利

 プレーヤーズ選手権の最終日、史上最大の差をつけて首位でプレーすることは、ウェブ・シンプソンが思っていたよりも、ずっと大変なことだった。

 4組前でプレーしていたタイガー・ウッズを囲むギャラリーが挙げる大歓声が次から次へと聞こえてきたのも、プレッシャーに輪をかけた。だが、シンプソンは自分のゴルフを見失うことなく、緊張に耐え抜いた。

MORE:プレーヤーズ選手権の最新スコアはここをクリック!

 シンプソンはクリスタル製のトロフィーを手にしたとき、ようやく笑顔を浮かべた。そしてこの2~3年、シンプソンがいら立ちを募らせる中、大きな支えとなってきた妻のダウドに目を向けた。

 ライダーカップでの2度のチーム優勝や、全米オープンでの優勝に貢献してきたパッティングにおけるアンカリングが禁止になって以来、シンプソンは苦労を続けてきた。

 シンプソンは次に、ノースカロライナの自宅にいる母親のことを考えた。昨年11月、シンプソンの父親が亡くなってから初めて迎える母の日だったからだ。

「母、そしてボクら兄弟にとって、つらい数カ月間だった」とシンプソンは声を詰まらせながら話した。

「(今回の優勝を)母の日に達成することができて、母にとって、いくばくかの希望の光になったと思う」