【今週はこの組に注目!】全米オープン

マキロイ、スピースとミケルソンが同組で回る

2018.6.13 20:00
マキロイも現在調子を上げてきており、タイトル奪還に燃えている Photo by Sam Greenwood/Getty Images

PGAツアー第33戦 全米オープン/ニューヨーク州 シネコックヒルズGC

 全米オープンが14年ぶりにシネコックヒルズに戻ってくる。このコースでの開催は5回目だが、話題は豊富だ。

 土曜日に48歳になるフィル・ミケルソンは2年ぶりの参戦。キャリア・グランドスラム達成のために残るこのタイトルの獲得に躍起だ。

 ダスティン・ジョンソンは、イーグル・フィニッシュで6ストローク差をつけてフェデックス・セントジュード・クラシックで優勝し、世界ランキング1位に返り咲いた。

 メジャー4勝しているロリー・マキロイは、ジェイソン・デイ、タイガー・ウッズ同様、再びメジャーチャンピオンとなることを目指して参戦する。一方、パトリック・リード、ジャスティン・トーマス、そして奇妙なほど静かなジョーダン・スピースは、この12ヶ月間で2つめのメジャータイトルを目指す。

 ディフェンディング・チャンピオンのブルックス・ケプカは、手首の負傷から復帰後、プレーヤーズ選手権で11位タイ、フォートワース招待で2位となって、ここへ乗り込んでくる。フェデックス・セントジュード・クラシックでは30位タイだった。

 シネコック・ヒルズ(全長7440ヤード、パー70)は、レティーフ・グーセンがミケルソンとの競り合いを制して勝利した2004年とは違ったコースとなっている。長くなったが、より寛容になっているのだ。フェアウェイは当時26ヤードの幅だったが、今年は41ヤードである。グーセンは今回、地区予選を通過できなかった。1981年以降最多となる19人のアマチュアが出場する。

 それでは今週の注目組を紹介しよう。

 ※( )内は、フェデックスカップ・ランキングの順位。

ロリー・マキロイ(31)

ジョーダン・スピース(32)

フィル・ミケルソン(6)

 全米オープンとフェデックスカップで優勝した2人と、この大会に勝ってはいないが世界ゴルフ殿堂入りしている1人。ミケルソンはフェデックス・セントジュード・クラシックの最終ラウンドで65ストロークをマークし12位タイ。メモリアル・トーナメントでは13位タイだった。彼は前回のシネコック・ヒルズでは全米オープンでこれまで6回甘んじてきた2位になっている。スピースはメモリアル・トーナメントで予選落ちして、ここへやってくる。ストロークス・ゲインド:パッティングは190位だ。マキロイは、直近の2戦であるメモリアル・トーナメントと欧州ツアーのBMW選手権でトップ10を終えた。今年はアーノルド・パーマー招待で1勝を挙げている。

初 日:10番スタート午前8時2分(日本時間 木曜午後9時2分)

2日目:1番スタート午後1時47分(日本時間 土曜午前2時47分)