RSMクラシック

  • 期間: 2017年11月16日 - 11月19日
  • 賞金総額: 620万ドル
  • 優勝賞金: 111万6,000ドル
  • FedExCupポイント: 500pt
今週、勝つのはこの選手だ!【前編】

ラスベガス、マヤコバと調子を上げてきた選手に注目!

2017.11.16 22:00
マヤコバでは最終日最終組でプレーしたパトリック・ロジャース Photo by Cliff Hawkins/Getty Images

PGAツアー第8戦 RSMクラシック/ジョージア州 シーアイランド・リゾート

11位:パトリック・ロジャース

 OHLクラシック・アット・マヤコバでは2日目終了時にトップタイ。スリーサムとなった最終日は最終組で回ったものの、最終結果は14位タイ。RSMクラシックでは2度出場し、どちらも予選通過、昨年は10位タイだった。

12位:ケビン・ストリールマン

 現在、非常に堅実な結果を残している。今シーズンに入って以来、4試合に出場し、すべて予選通過し、トップ20フィニッシュが3回。この5カ月半に期間を広げてみても、13試合中12回予選を通過し、トップ20フィニッシュが7回ある。

13位:マット・クーチャー

 山ほど出場する地元選手の1人。この大会には6回出場し、トップ25フィニッシュが5回あるのだが、20位よりも上となると1回しかない。プレジデンツカップ以来の成績としては、アジアで2回31位タイとなっている。

14位:ウィリアム・マクガート

 今シーズンはサンダーソンファームズ選手権で25位タイ、シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープンで10位タイと、いいスタートを切った。RSMクラシックには5度目の出場。過去ベストは昨年の27位タイ。

15位:J.J.スパウン

 OHLクラシック・アット・マヤコバでの14位タイ、シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープンでの10位タイとその実力を見せつけている。RSMクラシックには昨年初出場し、36ホールをすぎてからトップ20に入ってきた。

記事検索