デル・テクノロジーズ選手権

  • 期間: 2018年8月31日 - 9月3日
  • 賞金総額: 900万ドル
  • 優勝賞金: 162万ドル
  • FedExCupポイント: 2,000pt

2018.9.6

  • 唯一無二のスタイルを持つ、男が“唯一の打点”でカップに入れ続けた!
    【勝者のセッティング】デル・テクノロジーズ選手権

    唯一無二のスタイルを持つ、男が“唯一の打点”でカップに入れ続けた!

     ブライソン・デシャンボーが2ストローク差でデル・テクノロジーズ選手権を制した。フェデックスカップ・プレーオフが始まった2007年以来、最初の2戦を連覇したのはビジェイ・シンに続く2人目の快挙である。  デシャンボーは先週、ノーザントラストで優勝したときと同じ...
  • マキロイが『TP5x』から『TP5』に替えた真相とは
    【デル・テクノロジーズ選手権】ギア総まとめ

    マキロイが『TP5x』から『TP5』に替えた真相とは

     ロリー・マキロイは、2週間欠場し、その間にかなりの練習を積んで、デル・テクノロジーズ選手権から復帰してきた。マキロイはその時間の中で、昨年5月以来使ってきたテーラーメイド『TP5x』ゴルフボールに関してのある取り組みをしていた。  全米プロゴルフ選手権の最初...

2018.9.4

  • ハットンのイーグル寸前のショットが1位(デル・テクノロジーズ選手権ほか)
    【ショット・オブ・ザ・ウイーク】

    ハットンのイーグル寸前のショットが1位(デル・テクノロジーズ選手権ほか)

     先週のベストショットに選ばれたのは、ティレル・ハットンの18番パー5の第3打。ピンまで73ヤードのウェッジショットがカップインしたかと思われたが、惜しくもバックスピンで戻り、ピンそば2メートルに止まった。
  • 松山がグリーンの外からバーディパットをねじ込んだ!
    【デル・テクノロジーズ選手権 最終日】

    松山がグリーンの外からバーディパットをねじ込んだ!

     松山英樹は10番パー4で、第2打がグリーン手前にショートしたが、そこからのリカバリーが完璧だった。カップまで7.5メートルの距離を、ピンを抜いて狙うと、ボールは狙いどおりカップに飛び込み、バーディを奪った。
  • ウッズがアプローチをピンそばに寄せてバーディ奪取!
    【デル・テクノロジーズ選手権 最終日】

    ウッズがアプローチをピンそばに寄せてバーディ奪取!

     タイガー・ウッズは距離の短い4番パー4で、ティーショットをグリーン手前まで運ぶと、ピンまで32ヤードのアプローチを1メートル以内に寄せた。このパットを着実に沈め、この日2個目のバーディを奪った。
  • シャウフェレのティーショットがホールインワン寸前!
    【デル・テクノロジーズ選手権 最終日】

    シャウフェレのティーショットがホールインワン寸前!

     ザンダー・シャウフェレは3番パー3で、ピンまで201ヤードのティーショットを振り抜くと、ボールはカップインするかと思われたが、わずかにそれてピンそば5センチに止まった。このパットを楽々と決めてバーディを奪った。
  • デシャンボーが通算16アンダーで勝利
    【本日のハイライト】

    デシャンボーが通算16アンダーで勝利

     ブライソン・デシャンボーが6バーディ、2ボギーの4アンダー67(パー71)でプレー。通算16アンダーでプレーオフ2連勝を飾った。首位と2打差の通算14アンダー2位に、ジャスティン・ローズが入った。
  • バーガーが103ヤードのショットをカップインさせてイーグル!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    バーガーが103ヤードのショットをカップインさせてイーグル!

     デル・テクノロジーズ選手権最終日のベストショットに選ばれたのは、ダニエル・バーガーの10番パー4のイーグル。ピンまで103ヤードの第2打を鋭く振り抜くと、ボールはピン奥に着地してからバックスピンで戻り、カップに飛び込んだ。
  • デシャンボーがプレーオフ2連勝で、ツアー選手権の第1シードを確定
    デル・テクノロジーズ選手権 最終日

    デシャンボーがプレーオフ2連勝で、ツアー選手権の第1シードを確定

     ブライソン・デシャンボーがフェデックスカップ・プレーオフ第1戦と第2戦を連勝。PGAツアーのクライマックスに向けて絶好調の波に乗っている。 24歳のデシャンボーは、大学で物理学を専攻したことから「マッドサイエンティスト」の異名を取る。先週ニュージャージー州で...
  • 【速報】松山は通算12アンダー4位タイでフィニッシュ
    デル・テクノロジーズ選手権 最終日

    【速報】松山は通算12アンダー4位タイでフィニッシュ

     ノートン(マサチューセッツ州)で開催されたフェデックスカップ・プレーオフ第2戦のデル・テクノロジーズ選手権。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場したが、小平は予選落ちした。松山は通算12アンダー4位タイでフィニッシュした。 松山は通算6アンダー25位タイ...

2018.9.3

  • ウッズが力強いストロークでバーディ奪取!
    【デル・テクノロジーズ選手権 3日目】

    ウッズが力強いストロークでバーディ奪取!

     タイガー・ウッズは2番パー5で、第3打をピンそば4メートルのバーディチャンスにつけた。バーディパットはほとんどストレートの上りのラインだったが、これを力強いストロークでカップにねじ込み、バーディを奪った。
  • スピースが12メートルのロングパットを決めてバーディ!
    【デル・テクノロジーズ選手権 3日目】

    スピースが12メートルのロングパットを決めてバーディ!

     ジョーダン・スピースは11番パー3で、ティーショットをグリーンに乗せたが、カップまでの距離は12メートルあった。バーディチャンスとは言えない状況だったが、このロングパットをど真ん中から沈め、バーディを奪った。
  • ワトソンがグリーン手前からチップインイーグルを決めた!
    【デル・テクノロジーズ選手権 3日目】

    ワトソンがグリーン手前からチップインイーグルを決めた!

     バッバ・ワトソンは18番パー5で、2オンを狙った第2打がグリーン手前にショートしたが、そこからのアプローチが秀逸だった。軽やかなチップショットでグリーンに打ち出すと、そのままカップに飛び込んでチップインイーグルを奪った。
  • アンサーが通算13アンダー単独首位
    【本日のハイライト】

    アンサーが通算13アンダー単独首位

     アブラハム・アンサーが7バーディ、1ボギーの6アンダー65(パー71)でプレー。通算13アンダー単独首位に浮上した。首位と1打差の通算12アンダー2位タイに、ブライソン・デシャンボーとティレル・ハットンの2人が並んでいる。
  • ハットンがイーグル寸前のスーパーショット!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ハットンがイーグル寸前のスーパーショット!

     デル・テクノロジーズ選手権3日目のベストショットに選ばれたのは、ティレル・ハットンの18番パー5の第3打。ピンまで73ヤードのウェッジショットがカップインしたかと思われたが、惜しくもバックスピンで戻り、ピンそば2メートルに止まった。
  • アンサーが後続に1打差の単独首位に立ち、27歳6カ月でのツアー初優勝を狙う
    デル・テクノロジーズ選手権 3日目

    アンサーが後続に1打差の単独首位に立ち、27歳6カ月でのツアー初優勝を狙う

     メキシコのアブラハム・アンサーは3日目、1番パー4からの3連続バーディを含む7バーディ、1ボギーの6アンダー65(パー71)でプレー。後続に1打差をつけ、通算13アンダー単独首位で最終日に臨む。  だが、2位以下の上位陣にはトップ選手がひしめき合っており、予断...
  • 【速報】松山は通算6アンダー25位タイで最終日へ
    デル・テクノロジーズ選手権 3日目

    【速報】松山は通算6アンダー25位タイで最終日へ

     ノートン(マサチューセッツ州)で開催されているフェデックスカップ・プレーオフ第2戦のデル・テクノロジーズ選手権。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場していたが、小平は予選落ちした。松山は通算6アンダー25位タイに順位を上げた。 松山は通算2アンダー34位...

2018.9.2

  • シンプソンが首位「ボクが狙っているのは世界ランキング10位以内だ」
    デル・テクノロジーズ選手権 2日目

    シンプソンが首位「ボクが狙っているのは世界ランキング10位以内だ」

     ウェブ・シンプソンは2日目、最終18番パー5で見事なイーグルを奪い、2位のティレル・ハットンとジャスティン・ローズに1打差をつけ、通算11アンダー単独首位に立った。 シンプソンはいくらパットを練習しても、これで十分だと感じることはなかった。このときはパターが...
  • ウッズが7.5メートルのフックラインを鮮やかに沈めた!
    【デル・テクノロジーズ選手権 2日目】

    ウッズが7.5メートルのフックラインを鮮やかに沈めた!

     タイガー・ウッズは14番パー4で、第2打をグリーンに乗せたが、カップまでの距離は7.5メートルあり、しかも下りのフックラインだった。簡単に入るパットではなかったが、これを丁寧に転がすと、ボールはそのまま吸い込まれてバーディを奪った。
  • バーグーンが140ヤードのショットをカップインさせてイーグル!
    【デル・テクノロジーズ選手権 2日目】

    バーグーンが140ヤードのショットをカップインさせてイーグル!

     ブロンソン・バーグーンは17番パー4で、ピンまで140ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはグリーンに着地してからピンの真横まで近づき、そこからサイドスピンがかかってカップに飛び込み、イーグルを奪った。
  • デイがチップインパーでピンチをしのいだ!
    【デル・テクノロジーズ選手権 2日目】

    デイがチップインパーでピンチをしのいだ!

     ジェイソン・デイは11番パー3で、ティーショットを右ラフに外し、第2打もグリーンに乗らないピンチだった。そこからの第3打を丁寧に打ち出すと、ボールはピンに向かって一直線に転がり、チップインパーでピンチをしのいだ。
  • シンプソンがグリーンの外から超ロングパットをねじ込んでイーグル!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    シンプソンがグリーンの外から超ロングパットをねじ込んでイーグル!

     デル・テクノロジーズ選手権2日目のベストショットに選ばれたのは、ウェブ・シンプソンの18番パー5のイーグル。2オンを狙った第2打をグリーン左サイドに外したが、そこからの第3打をパターでカップにねじ込み、イーグルを奪った。
  • シンプソンが通算11アンダー単独首位に浮上
    【本日のハイライト】

    シンプソンが通算11アンダー単独首位に浮上

     ウェブ・シンプソンが1イーグル、6バーディ、ノーボギーの8アンダー63(パー71)でプレー。通算11アンダー単独首位に浮上した。首位と1打差の通算10アンダー2位タイにティレル・ハットンとジャスティン・ローズの2人が並んでいる。
  • 【速報】松山は通算2アンダー34位タイで決勝ラウンドへ
    デル・テクノロジーズ選手権 2日目

    【速報】松山は通算2アンダー34位タイで決勝ラウンドへ

     ノートン(マサチューセッツ州)で開催されているフェデックスカップ・プレーオフ第2戦のデル・テクノロジーズ選手権。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場している。松山は通算2アンダー34位タイで決勝ラウンドに進出した。小平は通算6オーバーで予選落ちとなった...

2018.9.1

  • 松山が10メートル近いロングパットを決めてバーディフィニッシュ!
    【デル・テクノロジーズ選手権 初日】

    松山が10メートル近いロングパットを決めてバーディフィニッシュ!

     松山英樹は9番パー4で、第2打をグリーンに乗せたが、カップまでの距離は10メートル近くあった。バーディチャンスとは言えない状況だったが、下りのスライスラインをど真ん中から沈め、この日の最終ホールをバーディで締めくくった。
  • ウッズがアイアンショットをピンそばにつけてバーディ奪取!
    【デル・テクノロジーズ選手権 初日】

    ウッズがアイアンショットをピンそばにつけてバーディ奪取!

     タイガー・ウッズは17番パー4で、ピンまで170ヤードの第2打を鋭く振り抜くと、ボールはグリーンに着地してからピンに近づき、ピンそば3メートルに止まった。このバーディパットを着実に沈め、この日最初のバーディを奪った。
  • アーマーが105ヤードのショットをカップインさせてイーグル!
    【デル・テクノロジーズ選手権 初日】

    アーマーが105ヤードのショットをカップインさせてイーグル!

     ライアン・アーマーは18番パー5で、ピンまで105ヤードの第3打を振り抜くと、ボールはグリーンに着地してからピンに向かって勢いよくはずみ、そのままピンに当たってカップに飛び込み、会心のイーグルを奪った。
  • ローズが6アンダー単独首位発進
    【本日のハイライト】

    ローズが6アンダー単独首位発進

     ジャスティン・ローズが6バーディ、ノーボギーの6アンダー65(パー71)でプレーし、単独首位発進。首位と1打差の5アンダー2位タイに、ラッセル・ノックスとアブラハム・アンサーの2人が続いている。
  • ノックスが109ヤードのショットをカップインさせてイーグル!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ノックスが109ヤードのショットをカップインさせてイーグル!

     デル・テクノロジーズ選手権初日のベストショットに選ばれたのは、ラッセル・ノックスの15番パー4のイーグル。ピンまで109ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはピンの右奥に着地してからバックスピンで戻り、カップに吸い込まれた。
  • ブラッドリーが4位タイの好発進「すぐにいいプレーできてよかった」
    デル・テクノロジーズ選手権 初日

    ブラッドリーが4位タイの好発進「すぐにいいプレーできてよかった」

     キーガン・ブラッドリーは先週の自分のプレーは忘れ、希望も新たに今週のプレーオフ第2戦に臨んだ。 デル・テクノロジーズ選手権初日の金曜、ブラッドリーは4アンダー67(パー71)をマーク。風の吹くTPCボストンで十分なほどのスコアで、午前組終了時点でクリス・カーク...
  • 【速報】松山は首位と6打差のイーブンパー42位タイ発進
    デル・テクノロジーズ選手権 初日

    【速報】松山は首位と6打差のイーブンパー42位タイ発進

     ノートン(マサチューセッツ州)で開幕したフェデックスカップ・プレーオフ第2戦のデル・テクノロジーズ選手権。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場している。松山はイーブンパー42位タイ、小平は5オーバー89位タイで初日のラウンドを終えた。 松山は現地時間の12...

2018.8.31

  • タイガー・ウッズは今週もマーク・リーシュマンと同組!
    【今週はこの組に注目!】デル・テクノロジーズ選手権

    タイガー・ウッズは今週もマーク・リーシュマンと同組!

     トニー・フィナウ、ブルックス・ケプカ、ジャスティン・ローズといったスターが集まる組み合わせが今週も楽しめる。ノーザントラストで優勝し、ランキングのトップに立ったブライソン・デシャンボーは、ダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマスとの組。タイガー・ウ...
  • パー71のコースで昨年の平均スコアは70.781
    【勝負を決めるのはココだ!】デル・テクノロジーズ選手権

    パー71のコースで昨年の平均スコアは70.781

     デル・テクノロージーズ選手権が金曜日に始まり、労働日に終わる、ということはいつも忘れてしまっていて直前に思い出すものだが、そうした心配をするのもこれが最後となる。来年から始まる新しいスケジュールにも、我々はすぐに慣れてしまうことだろう。TPCボストンは、202...

2018.8.30

  • ジャスティン・トーマスが大会2連覇を目指す!
    今週、勝つのはこの選手だ!【後編】

    ジャスティン・トーマスが大会2連覇を目指す!

     このトーナメント史上、初の連覇を目指す。WGC-ブリヂストン招待で優勝し、全米プロゴルフ選手権で6位タイ、ノーザントラストで8位タイと、盤石の安定感を取り戻してきている。  ノーザントラストでは第2ラウンド終了時点でトップに立ち、最終成績は8位タイ。全ティシ...
  • ライダーカップに出たいミケルソンの奮起に期待!
    今週、勝つのはこの選手だ!【前編】

    ライダーカップに出たいミケルソンの奮起に期待!

     キャプテン選出によるライダーカップ出場をまだ諦めてはいまい。ほぼ4カ月ぶりとなるトップ10フィニッシュも目指しているはずだ。TPCボストンではトップ10フィニッシュが4回ある。昨年は6位タイだった。  ノーザントラストの前まで、たぐいまれなる安定度を発揮し、丸...
  • パーマーが設計し、ギル・ハンスが改修したコース
    【今週の会場はTPCボストン】デル・テクノロジーズ選手権

    パーマーが設計し、ギル・ハンスが改修したコース

     TPCボストン、全長7342ヤード、パー71。ボストンとロードアイランドの中間にアーノルド・パーマーが設計したコース。2002年にデビューし、『ゴルフダイジェスト』が選ぶプライベートクラブのベスト10に選ばれている。  その5年後、フェデックスカップ・プレーオフの会場...

記事検索